NGなメール、もらって嬉しいメールは常連さんに教えてもらう

待機してるだけで電話が鳴れば問題なしですが、普通はアプローチのメールを送ることから始めますよね?

このとき一括送信をするのは論外としても用意しておいた定型文をちょこっと弄るくらいでは男性の目には止まらない様です。

何故ならば皆が同じことをしているからです。

それでもビジュアルに自信があったり送った男性の好みであれば無反応ということも無いでしょうが、単純に可愛いだけなら誰もが修正画像をアップしているので目立ちません。

それにメールの内容でどの様なチャットになるのかもある程度想像されてしまいます。

なので、仲良くなれた男性に聞いてしまえば良いのです。

とはいっても他の男性にアプローチをするためだとは言わない様に・・・ヤキモチの原因になりますから(笑)

ライバルのテクを盗んでレベルアップを図る

サイトによっては女の子同士の掲示板もあるから情報交換ができますが、実際の演技までは想像の域を出ません。

かといって男性会員として登録する訳にもいきませんが、プロフィールと画像や動画については登録しなくても男性目線で覗くことのできるサイトもあります。

どこまで確認できるかはサイトによって違いますが一応のキャラだったりパフォーマンスの一部は確認できます。

レベルアップといっても特別なテクニックを披露するとかアダルトテクを身につけるということではなく、アップされている画像を見て「こんなイメージが良いな」と感じたならそれを取り入れれば良いのです。

また、ブログのランキングも参考になります。

最近ではチャトレのランキングについてはヤキモチの原因になったり逆効果の部分もあるので廃止の傾向にありますがブログの方は大丈夫なのでテクを盗んじゃいましょう♪

働くサイトを知っていますか?

チャットレディとして自分が仕事をするサイトのことを知っていますか?

募集内容には男性会員と楽しくチャットをするだけなんて書かれていても男性相手には別のアピールをされているのが普通です。

何故ならば、「可愛い女の子とチャットが出来る」とか「お色気たっぷりの熟女がチャットであなたの相手をしてくれます!」なんてキャッチコピーで男性が来てくれると思いますか?

当然ですが男性には非日常的な楽しみとベネフィットが用意されているから多数の利用をしてくれるのです。

中にはご法度であるはずの「チャトレと会える」なんて呼び込みも見つかります。

これを期待してやってくる男性に対して普通の会話でも大丈夫なんてのは通用しませんよね?

需要と供給の鉄則ですが、男性が何を目的にサイトに来るのかを知らずして勝利はありません(笑)

プロフで伝えきれないあなたの魅力はブログで・・

プロフィールだけで膨大な文字数のアピールができれば問題ないのですが、なかなかそうもいきません。

そこで、あなたの内面を知ってもらうにはブログをフル活用しましょう。

なにも難しいことを書く必要はありません。

訪れた男性がブログを読んで「あっこの娘とは気が合いそうだな」とか「話をしてみたい」と感じてもらえばしめたものです。

メールだけでは返事がもらえなくてもプロフやブログを確認してから返信をするという男性もいるんです。

特にメールの文面でライバルに差をつけるというのは簡単ではありません。

何時間も考えて渾身のメールを送ったのに他のチャトレと何も変らない「これって定型文か?」なんて思われるのはショックですよね!

でも、ブログであれば日記だったり個人的なことを書き続けるだけでも他の皆さんとの違いをアピールできますから最強のツールともいえます。

それに画像を添付することで有料の設定もできますから決して無駄にはなりませんよ♪

ノンアダルトの魅力とは?

ノンアダなら脱がなくても良いからと、かる~いノリと動機で始めるチャトレが多い様です。

サイトの掲示板でもノンアダだから始めたというパフォさんも少なくないのですが簡単には稼げません。

結局嘆きの相談が目に付きます。

実際のところノンアダでも稼ぐことは出来ますが誰もがすぐにではないのです。

まず、ノンアダのトークを希望する男性はチャトレ業界でも引っ張りだこです。

黄金の確率といっても過言ではないでしょう?

ですがリピート率がアダルトに比べて高いのもノンアダになりますから長期で稼ぎたいのであれば簡単には諦めないことです。

おおよそですがノンアダのチャットを目的とする男性は10人に1人くらいと考えてください。

もちろんノンアダだから誰でも良いという訳でもありません。

フィーリングがマッチする相手が見つかるまで継続してくださいね!

プロフコメントは定期的に見直すこと

懇意にしている男性会員から教えてもらった話ですが、登録したばかりなので色々教えてくださいとのメールをくれたチャトレのプロフを確認したらデビューは1年前だったとか・・?

ということはプロフだけではなくメールのほうも用意しておいた定型文ということでしょうが下手な鉄砲にしても手抜き根性が見え見栄で男性には印象が良くありません。

特につじつまの合わない内容では嘘つき呼ばわりされちゃいますから要注意です!

チャトレはあくまでもサイトの中だけのキャラではありますがプロフの重要性を見逃してはいけません。

ですが稼ぐのはチャットや音声通話だからとプロフをおざなりにしている方も多いようなので今一度見直してみましょうね。

稼いでいるチャトレの利用するサイト数

最初は1サイトで頑張るべきとか、いやいや少なくとも3つは必要とか5~6サイトは常識などと言われていますが現実的には少ないサイトで稼ぎ続けるのは大変だなというのが実感です。

というのは1サイトだけではログインしている時間帯を増やさなければならないし、画像や動画で稼ぐにしてもサイトの数が少なければチャンスも失われてしまいます。

それに自分のスタイルに合ったサイトを見つけるためにも1サイトというのは少なすぎます。

現在の利用先が3つくらいのベテランさんでも多いときには7~10箇所くらいは利用しながら試行錯誤していたとういう情報からも可能な範囲のサイトは掛け持ちしておいたほうが良いかもしれません。

もちろん私も掛け持ちをしていますが具体的な登録サイトは個人差もあるので伏せておきますね!

長時間のチャットの後には一度ログアウトすること

男性との約束があってスケジュールが過密であれば難しいのですが現実には間が空いていますよね?

そこで、長時間のチャットをして次回の約束をした場合ですが一度はログアウトしましょう。

何故ならば相手の男性はチャットの後でもあなたのプロフを再確認するかもしれません。

そのときにまだログインしていたら変なヤキモチを焼かれたり「結局誰でも良いのか?」と思われてしまいます。

チャトレは仕事と理解はしていてもその瞬間は擬似恋愛の相手でもあるわけですから独占したい訳です。

こういうポイントを押さえる事で男性にもさらに満足感を与えることができます。

とはいえ、チャトレは出来高制の仕事ですからログインしなければチャットになりませんね!

そこで、掛け持ちという方法を使うわけです。

少なくとも3サイトは必要で可能なら5サイトくらいは使い分けをしましょう。

AD
携帯 副業 女性

リピーターを喜ばせるためのメモ

運よくチャットが成立して楽しんでもらえたのなら必ず通話の内容をメモしておきましょう。

そしてもし、相手の男性のプロフが未確認であったなら改めて確認しておくことです。

良くあることですが、以前に相手をした男性なのにファーストアプローチのメールを送ってしまったり、時間が経ってから電話をもらったのに初めましての挨拶をしたらガチャ切りをされたという方もいるようです。

確かに顔の見えない間柄ですから忘れるのも無理はないのですが相手にしたら気分は良くないですよね?

なので本当はファーストメールを送った時点でリスト化をして相手の男性とのやり取りは記録しておくほうがベストです。

面倒な作業かもしれませんが必ず役に立ちますしパソコンが使えるのなら顧客リスト一覧にしておけば一目で判るでしょう。

また、携帯だけではなくパソコンからもログインができるなら万一のときでもすばやく相手のプロフは確認できます。

通勤かPCか携帯か?

ライブチャットも年々メジャーの仲間入りをして以前であればキャバクラに通った女性もこちらに転向してくるようになりました。

その理由は働く時間に選択の自由があるということでしょうか?

では、その中でも通勤チャットか在宅のパソコンでのチャットか、あるいは外出時でも可能な携帯チャットレディかというとご自身の都合にもよるでしょうが私はだんぜん携帯チャットレディをおすすめします。

その理由は通勤チャットの場合は環境に恵まれればサポートも手厚くで安心ですが担当のスタッフが男性だったりノルマに追われる事業所の場合は無理難題を言ってくる場合もあります。

また、運営業者の直営ではなく代理の個人事業主のこともあり何かと不安が付きまといます。

その点はPCのチャトレなら問題ありませんが、ウェブカメラの前で声がかかるのをじっと待つことは苦痛ですよね?

しかもPCの場合はカメラ越しに面接もありますから、せっかくカメラを購入したのに「落ちた~・・・。」なんてことになれば泣くに泣けません。

以上のような不安材料は携帯チャトレにはありません。

メールか音声かテレビ電話か?カギはメールにあった!

ライブチャットはメールでコミュニケーっションを図るメールレディ、音声通話のテレフォンレディ、そしてテレビ電話のチャットレディに分類されます。

と言っても別々のサイトではなく同じところで希望に応じて選ぶことが出来るので初心者のうちはメールレディでスタートしても慣れてきてから音声やテレビ電話という方もいらっしゃいます。

報酬単価でいうとチャットレディのほうが高額ですが苦痛や不安を抱えるのならメールレディのほうが無難かもしれません。

そして私の持論ですが携帯チャトレの場合はメールアプローチを制するものが稼ぎの勝利者になれると実感しています。

普通はログインしているだけで男性から電話が来ることは多くありません。

そのため足跡をつけたりメールでのお誘いになりますが、このとき文章にヒネリが無ければ見向きもされないことを実感しました。

今では工夫を重ねて相応の報酬をいただいていますがメルレで練習を積んだおかげと感謝しています。

大勢のライバル達との差別化をはかる

携帯チャトレはめまぐるしい男性の好みに対応するためにパフォーマーの募集を続けていますが現実的には少ない男性会員を奪い合うという構図になっています。

ですがこれは何の変哲も無いチャトレの言い訳とも言えるでしょう。

おそらくですが、まともなサイトであれば稼いでいるNo1は何処にでも存在しているわけで、全く電話が鳴らないパフォーマーもいる傍らでひっぱりだこという羨ましい悲鳴を上げているのかもしれません。

では、この様な現実が何故起こるのかというと単純にビジュアルの問題ではないと思います。

例えが正確かどうかは不明ですが女優は美人でも仕事が来ないという方もいらっしゃいます。

反対に見た目はともかく人気があって毎日テレビに出演している女優も存在します。

この差は?

おそらくですが強烈な個性を思い切り前面に押し出すという差別化でしょう。

これだけでは大雑把な表現になりますが万人向けではなくピンポイントの勝負で目立った結果とも言えます。

個性は何もビジュアルに限定されてはいません。

話し方ひとつにしてもオリジナリティがあれば好みに感じる男性が常連さんになってくれますよ!